自社のホームページ作成を依頼したいけど相場がわからない、、、

調べてもサイトによって価格帯が違いすぎて依頼するのが怖いな、、、

と感じている方は非常に多いのではないでしょうか?

そんな方に向けて、ホームページ制作の費用がなぜここまで違うのかをまとめました!

記事を最後まで読んでいただき、相場を把握して自分にあったホームページを制作会社に依頼できるようにしましょう!

ホームページの作成費用の相場 | 振れ幅ごとの制作概要

このページを見てくださっている方は、ホームページの相場を大まかに調べてみたという方がほとんどではないでしょうか?

そしてそれを見て、値段の振れ幅が大きすぎて困惑されていると思います。

なぜにこんなに値段が変わるのかを解説していきます。

10万円以下のホームページ

この価格帯のホームページは、デザインを既存のものを使い、テキスト原稿や写真のみを置き換えるといった方法で制作していることが多いです。

また、ホームページで使用するテキストや写真は自前で用意する必要がある場合やページ数も7ページまでなど制限がある場合が、ほとんどになります。

その分制作期間はおよそ数日~1ヶ月と短いスパンになることが多いです。

何かしらの手続きでホームページが必要な場合、急ぎでホームページが必要な場合、なんでもいいからホームページが欲しいという場合はこちらの費用間で制作を依頼するといいでしょう。

弊社でもこのような方に向けた激安テンプレートプラン5万円もご用意してますので興味のある方はぜひご検討ください!

10~30万円のホームページ

この価格帯のホームページも基本的には既存のデザインを使い回し(部分的に変更可能な場合もある)、テキスト原稿は自前で用意する必要がある場合が多いです。

さらには、サイト規模は10万円以下の場合よりは大きくできるが、制限されてしまうことが多いようです。

さらに細かい要望は聞き入れてもらいにくいです。

こちらの価格帯の良さとしては、低コストでお問い合わせ機能など最低限必要な機能を設けてくれることが多いです。

制作期間は1~2ヶ月ほどになります。

30~80万円のホームページ

この価格帯は、企業に最低限必要な情報を掲載した上でデザインをオリジナルで行ってもらった場合の費用間になることが多いです。

また、10万円以下~30万円と同様、写真やテキスト原稿は自前で用意する必要がある場合が多いです。

ホームページを見せた際に、ちゃんとした企業であると思われることが目的の場合は、こちらの費用間で依頼するといいでしょう。

弊社ではこちらの費用感で本格ホームページ作成を請け負うプランがございます。

詳しくは格安ホームページ制作 月額無料 – ホームページ制作 東京|株式会社KOPをご覧ください!

80~150万円のホームページ

この価格帯は、企業の魅力を伝えることを目的に置いた場合の費用間になります。ですので写真やテキスト原稿はプロが作成したり、デザインも企業の魅力を伝えるための拘ったものになることが多いです。

また、この価格帯ですと丁寧なヒアリングを行う制作会社が多くなるので細かな要望にも応えることが可能になります。

ホームページを見た人に対して、企業の魅力を的確に伝えたい場合はこれくらいの予算を用意するといいでしょう。

ちなみにですが弊社の場合もこの価格帯でホームページ作成を請け負うことが多いです。

弊社は、お客様のご要望にあせてホームページの構成を提案させていただいております。

値段の振れ幅はこのように広くなっておりますが、お客様の目的達成を第一に考えた結果このような費用間になっております。

詳しくは、WordPress制作 – ホームページ制作 東京|株式会社KOPをご確認ください!

100~300万円のホームページ

この価格帯の場合は、魅力を伝えることはもちろんのこと、集客のための施策を打ったホームページを制作することが多いです。

また、デザインにより拘って企業のブランディングを、行うためのホームページも、これくらいの費用間になることがあります。

クオリティも高くなる分作成期間も2ヶ月〜と長くなることが多いです。

ホームページ作成の目的が集客の場合はこれくらいの費用間が相場になってきます。

価格帯早見表

ホームページ作成価格帯表
ホームページ作成料金表

ホームページ作成費用と相場 | まとめ

このようにホームページの作成費用は、制作会社が請け負う作業量に依存することが多いです。

ホームページ制作を初めて依頼する方は、最低限ホームページに必要な機能を考え、それのみを実装するのがおすすめです。

理由は、会社の方向性が固まりきってない段階でいきなり多機能なホームページを作成してしまうと、初期費用が多くかかってしまう上に、今後ホームページの更新が必要になる場合その都度多くの費用がかかってしまうことになります。

ですので、制作会社に何をしたくてホームページを作成するのか意図を説明した上で、的確な提案をしてくれた制作会社に依頼するようにしましょう。