Web広告界隈でよく耳にする「LP (ランディングページ) 」をわかりやすく説明します。
一般的なホームページとの違いや構成の特徴など、これを読めば今日からあなたもLP博士です。

LP (ランディングページ) とは

「 LP制作」や「ランディングページ」と言ったフレーズでよく耳にする「LP(ランディングページ)」。
この「ランディングページ」には2つの意味があります。

LP (ランディングページ) が持つ2つの意味

ランディングページの意味1:ユーザーが最初に訪れたページ

英語で「Landing Page」と書くこのページは、その意味の通り「着地ページ」です。
Googleアナリティクスでの「ランディングページ」とは、サイトにアクセスしたユーザーが最初に訪れたページのことです。

例えば、あなたのサイトに「トップページ」「料金案内」「お問い合わせ」という3つのページがあり、あるユーザーがTwitter経由で「料金案内」を閲覧したのち「お問い合わせ」に移動したとします。

この場合、ランディングページは「料金案内」となります。

ランディングページの意味2:主に広告の遷移先となる縦長の単体ページ

前者が単語本来の意味ですが、一般的によく聞く「LP」はこの「主に広告の遷移先となる縦長の単体ページ」を指す場合がほとんどです。
本記事は、主にこちらの意味のランディングページについて書いております。

LP (ランディングページ) とは
LPのデザイン例
LPの読み方は「エルピー」

当たり前やん。ってツッコミはさておき、「LP」とアルファベットで表記された場合の読み方は「エルピー」です。
LPには、以下のような特徴があります。

LP (ランディングページ) の特徴
  • 縦長の1ページ
  • デザインが自由、派手なものが多い(チラシのようなデザイン)
  • ページの上から下まで、構成に一定の傾向がある
  • Web広告とセットで活用することが多い
  • ユーザーに起こしてほしいアクションが明確

この特徴が何を目指しているかは、「LP (ランディングページ) の目的」のセクションで後述します。

一般的なホームページとLPの違い

ホームページとLPの明確な違いは、以下3点にあります。

  • 構成
  • 速度
  • 目的

構成に関しては、ホームページは複数ページによる構成が一般的なのに対し、LPは1ページのみです。

速度については、制作期間が短いという点と表示速度が早いという点があります。
LPは、キャンペーンや新規サービスのプロモーションとして利用されることが多く、急ぎで作成したいという要望が多い商材です。
また、計1ページなので、ホームページに比べ制作期間は短いです。

LP (ランディングページ) の目的

ホームページには様々な目的があることに対し、LPの目的は明確に1つです。

LPの目的はずばり、ユーザーによる即時アクションです。
具体的には、購入、お問い合わせ、会員登録など、いわゆる「コンバージョン」を、ページを見終わるまでに獲得することです。

前述の「LP (ランディングページ) の特徴」で列挙しました以下の特徴は、この目的を達成するための特徴です。

  • 縦長の1ページ
  • デザインが自由、派手なものが多い(チラシのようなデザイン)
  • ページの上から下まで、構成に一定の傾向がある
  • Web広告とセットで活用することが多い
  • ユーザーに起こしてほしいアクションが明確

派手なデザインで目を引き、明確な「ゴール」へと誘導します。
他のサイトやページに遷移させないよう、外部へのリンクは極力少なく、構成はシンプルに1ページ内で上から下へ向かって「購買意欲の喚起」や「安心材料の提示」「クロージング」まで、ユーザーが購入やお問い合わせを行いたくなるよう一連のステップが整備されております。

入口からレジまでの順路が精密に設計されたスーパーマーケットのようなイメージです。

LP (ランディングページ) と広告の関係

LPは、ユーザーの即時アクションを喚起するページとして、Web広告との相性が非常に良いです。

Web上の広告内容に興味を持ったユーザーが、テキストリンクやバナーなどの広告経由でLPを閲覧し、さらに興味を持ったらアクションを起こす(コンバージョン)という流れです。

LP (ランディングページ) のメリットとデメリット

LPのメリットとデメリットをさらっと紹介します。

メリット

  • ホームページと比べて制作費用が安い
  • ホームページと比べて制作期間が短い
  • ユーザーのコンバージョンを見込める

デメリット

  • 検索サービスによる複数の流入は見込めない(手広くSEO対策ができない)
  • 一般的にPDCAを回すのでランニングコスト(改善コスト)がかかる

LP (ランディングページ) の参考例

弊社KOPのLP制作実績

パーソナルトレーニングジムEXE駒沢大学店
パーソナルトレーニングジムEXE駒沢大学店
OMOTESANDO HILLS Valentine's Day 2022
OMOTESANDO HILLS Valentine’s Day 2022 | 表参道ヒルズ – Omotesando Hills

LP (ランディングページ) 制作と広告運用ならKOP

ここまで読んでいただき、LPが欲しくてたまらなくなったあなたは是非、弊社のLP制作プランをご検討ください。

企画/設計の段階から、公開後の広告運用サポートまで一貫してお任せいただけます。
詳細は以下の記事をご覧ください。

LP制作 (ランディングページ制作)